見た目へのこだわり

Handmade for Catsでは、

外観で見える部分(背面を除く)では、ネジを使用しないようにしています。

ネジ止めで作れれば、とても簡単なのですが、

やはり見た目が悪くなります。

例えば収納付きの猫のトイレカバー。

トイレを入れる部分の上に収納部分をのせて、接合します。

ネジ止めでしたら、順番にのせるたびに

ネジ止めしていけば完成します。

そうした場合、一番上の天板の部分にネジ穴をあけないといけなくなりいます。

天板に穴をネジ穴をあけたくないので、

上記の写真(下が天板で接合しようとしているのが、収納部分の側面)のように

ダボ接合しています。

ダボとは、木と木を接合するための丸い棒です。

ダボで木と木をつなぎ、接着剤で固定しています。

同じように、トイレを置く部分と収納部分を接合するのもダボ接合です。

ダボ接合は、ダボを入れる穴が上下共に同じ位置でないと

接合した時に板がずれてしまいます。

なので、接合する同士の位置を正確に測ってダボの穴をあけています。

ネジ止めに比べると、はるかに難しく手間がかかりますが、

見た目の出来が格段に違うので、そこはこだわっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。