猫の自動給餌器 その5

ちょっと間が空いてしまいましたが、PETKITの自動給餌器 その5です。

今回は一番重要な「給餌計画」!

PETKITアプリの画面

こちらはPETKITのアプリのTOP画面。

うちは2台あるので、2台分表示されています。

オフラインになってますが、これは設定時の画面なので、

今はオンラインになっています。

MINI自動給餌器のボタンをタップして、給餌計画を登録します。

PETKITのアプリ画面

一番上の「給餌計画」をタップ。

PETKITアプリ画面

かなり試行錯誤しましたが、現在の給餌計画です。

二匹とも同じ時刻に、同じ分量で設定しています。

もともとかなりこまめにあげていたため、

こんなに多い給餌数となってしまいました。

「お菓子」とか「晩食」とかなっていますが、

これは時間帯でネーミングで

同じ餌です。

量はカップ数になっていますが、

カップ数を選択するときに、グラム数も書いてあります。

ただ販売サイトの口コミにもありますが、

やはり1回のグラム数は、表示とは誤差があるので、

必ず出た分量を測ったほうが正確です。

うちの餌はとても大きいのですが、

設定したものより2gぐらい少なかったです。

あとなぜ給餌計画が試行錯誤したかというと、

いつも同じ時刻に上げていたわけではなく

感覚で上げていたので、

一番最適な時間と量が分かりませんでした。

なので、使いながらかなり変更しました。

ただアプリですぐに設定を変更できるので、

本当に便利です!

つづく

猫の自動給餌器 その4 アプリ設定

PETKITの猫の自動給餌器。

アプリで管理するので、スマホでない人には使えないです。

一番上にあるボタンを押せば、餌が出てきます。

ただここで出す餌の量もアプリで設定します。

PETKITのアプリをダウンロードし、立ち上げたTOP画面。

うちは2台購入したので、2つ接続したので

2台分のデバイスが表示されています。

1台ずつwifiときちんと接続すれば、2台分表示されます。

この『MINI自動給餌器」というボタンを押すと、

基本的情報が設定できます。

給仕計画やペットの情報など、結構細かく設定できます。

こちらはペットの情報。

1台につき、3頭まで設定できるようです。

うちは同時刻に同時に食べさせたいので、

1台に1頭紐付けしました。

あげてる餌の情報も登録します。

たくさんのペットフードが登録されているので、

大抵は食べてる餌を表示できるかと思いますが、

大抵は食べてる餌を表示できるかと思いますが、

この栄養成分表は手動で入力してます。

一番大事なのは、給餌計画です。

その続きはまた。。

猫の自動給餌器その3 セッティング

PETKITの自動給餌器使用編 その3です。

付属の乾燥剤を蓋についている入れ物にセッティング。

乾燥剤は、使い始めてから1ヶ月程度で交換のようです。

Amazonで調べたところ、15個いりで2000円程度でした。

蓋を取った内部の写真。

餌が出ていく穴は、ある程度大きな餌でも大丈夫そうです。

というのは、うちで使っているロイヤルカナンの満腹サポートは

かなりの大粒なので、実はちょっと心配でした。

また上がカポっととれて、簡単にお掃除できますが、

よく乾燥させないと餌が湿ってしまいますよね。

早速餌を投入してみます。

セッティングはとても簡単でした。

次はアプリの設定です。

こちらは長いので、すみません次回で、、!

猫の自動給餌器レポート その2

猫の自動給餌器レポート続きです。

モデルは「PETKIT 自動給餌器 猫 中小型犬用 タイマー式」です。

自動給餌器のレビューをみて心配していたのが、

ネットとの同期。

管理がアプリなので、同期がうまくできないと

全く使えません。

実は購入したものより新しいモデルが出ていて、

旧と何が違うのか聞いたところ、

お皿がステンレスにいなったとか

特にそこまで差別化がないのもので、

同期がしやすくなったとか

大事な部分のアップデートはないようだったので

安い旧モデルにしました。

これが共通の説明書。

全て英語です。

ただ、蓋のあけ方がわからなかったので、

こちらのQRコードから動画が見れました。

猫が開けられないように、蓋がめり込んでいるので、

押し上げて開けるという感じです。

多分猫には開けられないと思います。これはいいです。

同期については、日本語の説明がついています。

先にアプリをダウンロードして、

アプリの指示通りにやったら、この説明文を見なくてもできます。

クチコミでアプリと同期できないというのが多々ありましたが、

すごーーーーく簡単にできました。

アプリは日本語でとても見やすいです。

とにかく同期がスムースで本当にほっとしました。

つづく

ついに自動給餌器を購入!

前から買おうかどうしようかと思っていた自動給餌器。

仕事中などに猫にねだられると

集中できないので、結局あげてしまう羽目になったりで

餌やりには苦労していました。

ただ自動給餌器は結構高いので

2台買って失敗したらなあ、、と思うと

なかなか決心がつかず。。

うちの二匹はとても食欲が旺盛なので、

以前は目分量て欲しがる時上げてたのですが、

やはり目分量なんて当てにならず

マルちゃんは8キロまで体重が増加。。

お医者さんに、病理食を勧められ、

それからもう1年くらいは病理食をあげています。

きちんとあげる量も守っているので、

現在は少し丸いぐらいまでに落ち着きました。

ただ、しょっちゅうお腹が減ったというので

1日量を守るのがとても大変。。

そこでまた自動給餌器をチェックしてみたら

前よりだいぶ色々モデルが出て

値段もお手頃になっており、

購入するに至りました。

ついに購入、PETKIT 自動給餌器!

なぜこれにしたかというと、最大1日10回(約5g単位)まで設定が可能なところです!

色々見ましたが、うちの場合譲れないところはやはり1日の給仕回数。

今でも8回−10回くらい餌をあげています。。

4回とか6回のものが多かったのですが、

慣れれば6回くらいでいけそうな気もしましたが、

やはり失敗したくなかったので、こちらにしました。

こちらの機能にはないもので、自分が欲しかったのは

音声録音機能と監視カメラ機能。

しかし、なかなか全てが揃って見た目も良いものがなかったので、

これに決めました。

でも見た目も質感も結構素敵だったので、これにして良かったと思います。

パッケージや梱包も、アップル製品みたいに素敵でした。

まだ開封しただけなので、この続きはまた。